2019.02.04

ゴチャつきやすいクローゼットをスッキリ収納

S-4-1

服やバッグ、普段は使わないアイテムなど、「なんでもかんでも、ついクローゼットに押し込んでしまう!」なんて方はいませんか? 「普段は見えない場所だから」と気を抜いているうちに、「モノであふれていて使いにくい!」なんて空間になってしまう可能性も高いです。

クローゼットをスッキリと使うためには、いったいどうすれば良いのでしょうか。オススメのクローゼット収納術を紹介します。

■吊り下げ収納の下には、引き出し収納を設置

S-4-2

一般的なクローゼットには、枕棚とハンガーポールがセットになっています。ハンガーにかけた衣服をそのまま収納できて便利なのですが、足元にはデッドスペースが発生してしまいます。

ここにオススメなのが、引き出し収納を設置するという方法です。ハンガーにかけた洋服の下に、インナーや下着などをまとめて収納することで、使い勝手も良くなるでしょう。

クローゼット用の引き出し収納は種類も豊富で高さも自由に選べます。あえて高さを変えた収納をいくつか設置することで、デッドスペースを少なくできます。ハンガーにかけた衣服の長さによって、調整してみてください。

■キャスター付きラックなら、どこでも自由に設置可能

クローゼットに収納スペースを増やしたいときに、専用のラックを購入する方は少なくありません。このときにオススメなのが、足元にキャスターがついたタイプを選ぶことです。

キャスターがついたラックであれば、クローゼット内でそのとき見たい場所に合わせて、自由に移動させることが可能です。毎日の着替えの際に、邪魔になることもありません。

位置的に、クローゼットの一番手前に設置されるケースも多い、キャスター付きラックには、日常生活の中で使用頻度の高いアイテムをまとめておくと便利です。いちいちクローゼットの奥から探し出す必要もなければ、しまうときの手間も軽減できます。

千尋佐藤

佐藤千尋
宮崎県のライターで執筆歴は3年。家事歴10年の経験を活かして、皆さんに役だつ情報を提供できれば幸いです。