2018.11.19

嬉しくない引き出物…あなたは手放せますか?

20181119_gift_01結婚式で嬉しそうな新婚夫婦を見ると、こちらまで幸せを感じますよね。家に帰ってもお祝いムードでいたいものですが、とある女性は引き出物の中身を知り困惑。封を開けると“取り扱いが難しい”記念品が入っていたようです。

 

意見が分かれる“いらない引き出物”対処法


箱に入っていたのは“サイズの大きい魚型のお皿”。一目見て「自分では絶対買わない皿だ」「形が変わっているからすごく収納しにくそう」「リサイクルショップに持って行っても売れるだろうか…」と対応に頭を抱えます。

 

このお悩みに対して、ネット上では「似たような経験がある」という声が続出。中でも「申し訳ないけど手放す」派の人は多く、「全然お金にならないかもしれないけど、未使用なら質屋に売れるのでは?」「バザーに出して叩き売るしかない」「SNSでほしい人がいないか募ってみる」といった声が見られました。

 

一方で“使い続ける派”の人もいて「2人の記念品だから捨てるのは失礼。なるべく使うようにして、割れるまで使う」「置物だったらさすがにつらいけど、お皿だったら使えるはず」「いつか夫婦が遊びに来た時に使っているところを見せたい」など大切に使っていく方針。“使い勝手”と“結婚式の思い出”のどちらを取るかは、難しい決断ですね。

 

長谷部ひとみ

夫の両親と息子と娘、キュートすぎる柴犬との6人+1匹暮らし。バスガイドから心機一転、ライターとして活動中。岩手県の実家に帰ると、その後1週間ほどは訛りが抜けないのが悩み。数学が大の苦手で息子に教わっている。