2018.11.08

本と本棚の整理収納術!読書の秋に見直しを

本棚

本が好きなのでついつい買ってしまう。読み終わった本もまた読むかな…と思うとなかなか手放せない、というあなた。増え続ける本の整理は難しい問題ですよね。たくさん持ちたいけど、ごちゃごちゃ散らかってみえるのは困りますし、置くスペースにも限りがあるものです。今回は手元に置いておきたい本を限られた本棚スペースに見やすくすっきり収納するコツをご紹介します。

 

本と本棚の整理収納ルール

 

1.期限を意識!古い情報の本は手離す


本を置くスペースには限りがあります。“情報に期限のある本“から減らす方向で考えていきましょう。

情報に期限のあるものといえば、週刊誌や月刊誌などの雑誌。また何年版と記載されているような本の事です。これらは常に新しい情報が発信され続けますので、最新刊が出る時が手放すきっかけになります。記事の中で気になる情報があれば、その部分だけスキャンすれば1冊まるごと持つ必要もありません。

売る場合も新しい本、話題の本は割と高値で買い取ってもらえることも多いので、ガイドブックなどは旅行が終わったら手放すというルールにしてもいいのでは。

 

>>NEXT 本棚に収納する本を厳選する方法は?

笹田奈美子

整理収納コンサルタント。自宅新築の際、収納スペースを整えたにも関わらずうまく片付けることが出来ずに挫折。その時に整理収納を学び、自宅で家族が使いやすく・片付けやすい仕組みを構築する。2014年cozyroom(コージールーム)開業、個人宅向け整理収納サービスをスタート。