2017.02.07

家電が壊れた時はスリム化のタイミングかも!私の家電ダイエット

【この記事は、CHANTOママライターによるウェブ限定記事です】

 

ライター名:しらせゆみこ

 

不思議なもので、家電って同じタイミングで壊れたりしませんか? 電子レンジが壊れたかと思えば、次は冷蔵庫の調子が悪い……(泣)。ないと不便だし、とりあえず買い替えたい気持ちはわかりますが、ちょっと待ってください! 数年、長ければ十年単位で使うことになるので、すぐに買いに走りたい気持ちをぐっとこらえて、少し考えてみるといいかもしれません。

 

購入時に「今までより性能のいいものを」「便利なものを」ということはよく検討されますが、それに加えて私は下記の点も考えたほうがいいと思います。

 

・そもそも本当に必要か?代用(兼用)することはできないか?

・置く場所は確保できるか?

 

まぁ、冷蔵庫や洗濯機はなくてはならないものですが、厄介なのがミニ家電。たこ焼き器、ホットプレート、ヨーグルトメーカー、ミキサー、トースター、ホームベーカリー……挙げただけでも現代の日本にはな~んて調理家電が多いんでしょう! 「○○が簡単にすぐできる!」とかうたわれていたら、飛びつきたくなりますよね(笑)。わかります。

でも収納スペースには限りがあるので、キッチンに収まらず奥にしまいこんで使われなくなるともったいないです!

 

私の場合、引っ越しを機に断捨離して家電スリム化をしました。例えばこのように。

 

◆トースター→トースターは、トースト機能もついたオーブンレンジでまかなっています。トーストでやかないとサクッとしないんじゃ……と心配していましたが、全く問題なし。いざとなれば魚焼きグリルでもパンは焼けます♪

20170207-1

↑空いているスペースがあるかないかで料理のしやすさも断然違います

 

◆ホットプレート、たこ焼き器→カセットコンロを購入。カセットコンロ+大きめのフライパンがホットプレート代わりに。鍋料理をするときはカセットコント+大きめのお鍋で。たこ焼き器は火力が弱くて完成度がいまいちだったこともあり、カセットコンロ専用のたこ焼きプレートに買い替え。余談ですが、カセットコンロはガスや電気が止まった時の災害時にも役立つと言われています。

20170207-2

↑シンプルなカセットコンロで見栄えも◎!たこ焼きも調子よくやけます(笑)

◆ミキサー→離乳食も作らなくなったし、我が家は登場回数が極端に低かったので処分。少々のものならマッシャーでつぶします。食器棚から出す、洗うのを面倒と感じるので、フードプロセッサーやサラダスピナーなどもうちには不要でした。

お米もお鍋で炊くと炊飯器を処分できるのですが、今のところは便利>スペースなので、炊飯器を使用しています。

 

スリム化をした結果、スペースが生まれ、収納にゆとりができました。一つの皿をとるだけでもたくさんの皿をどかしたりガチャガチャいわせてたりしたのが、今はスッととれます。また、調理スペースを多くとることができました。まさにストレスフリーです!

20170207-3

いかがでしょうか。家電に対する思いは千差万別。私の考えが正しいとも限りません。ですが、家電は使ってこそ生き生きと輝くもの。

家電を買い替える、新たに替えるときは、今回お伝えしたことを頭の片隅にでも置いておいてくれたら嬉しいです♪

 

 

ちゃんと 編集部

働くママ向けの月刊誌『CHANTO』編集部。仕事、子育て、家事、自分。働くママの暮らしに役立つ情報を掲載中。CHANTO webでは最新号の記事内容を中心に紹介します。