2019.05.18

牛乳パックが有能過ぎる!? ワンランク上のBBQを楽しむ裏技・凄ワザ!

20190517babekyu01

気温が暖かくなってくるとバーベキューの予定を立て始める人もいると思いますが、せっかくなら今年はワンランク上のバーベキューに挑戦してみたいところ。そこで今回は、スマートなバーベキューをするためのお役立ち技を紹介していきましょう。

 

BBQでは「牛乳パック」が大活躍!


まず有名なのは、「牛乳パック」の活用術。自宅では捨ててしまうことも多い牛乳パックですが、バーベキューに持っていくと様々な場面で大活躍してくれるようです。

 

例えば中に水を入れて凍らせれば、食材を持ってくる時に便利な保冷材に。現地で切り開いて氷を取り出せば、食材を切るためのまな板に変身します。また以前放送された『ZIP!』(日本テレビ系)では牛乳パックを着火剤として使う方法を紹介。小さく切った牛乳パックと炭を並べて着火するとあっという間に火がつくので、着火材に困った時は試してみてはいかがでしょうか。

 

また同番組には、魚の皮が網にこびりつかない方法も登場。魚を網で焼くと皮がくっついてボロボロになってしまいがちですが、表面にレモンを塗っておけば綺麗に焼けます。網にくっつかなくなる理由は、レモンに含まれる“クエン酸”のおかげ。番組では「クエン酸が動物性たんぱく質を変化させ、網へのくっつきを少なくしてくれる」と解説していました。

 

その他にもバーベキューのお役立ち技は数多くある模様。ネット上では「とにかく虫よけが大事! 蚊取り線香を“CDケース”にいれるとコンパクトに持ち歩けるよ」「アルミホイルは必須。例えばジャガイモを包んで炭の中に入れておくと美味しくなる」「冷凍枝豆は保冷剤代わりになるし、箸休めにもなるからすごい役立つ」との声が寄せられていました。

 

>>NEXT 「水鉄砲」はバーベキューに必要不可欠!?

河井奈津

フリーランス。子どもには腹8分目を勧めているけど、ついつい料理を作りすぎちゃうほど食べることが大好き。得意料理はカロリーの高いもの。ラーメンとカレーと丼ものが大好物。人生で何度目か分からないダイエット中。