2018.11.09

マツコも驚きを隠せない!料理が美味しくなる包丁って!?

20181105_cutting_01おいしい料理を作るためには、料理の腕前はもちろん道具にもこだわりたいところ。特に包丁は使用する機会が多く、切れ味ひとつで味にも影響があると言われています。外国人をも魅力する包丁の世界について、詳しくみていきましょう。

 

切れ味のいい包丁を使うメリットとは?


10月16日放送の『マツコの知らない世界』(TBS系)では、“包丁の世界”を特集。デンマーク育ちのカナダ人であるビヨン・ハイバーグさんが、包丁の奥深さを紹介してくれました。現在、包丁が人気を集めている背景には世界的な和食ブームがあるそう。外国人観光客の人気のお土産になっていて、包丁の輸出額はここ10年間で84億円を突破しました。

 

ビヨン・ハイバーグさんは「切れ味のいい包丁は料理をおいしくする」と明言します。特に和食は素材を活かす料理のため、断面のなめらかさがポイント。スパッと切ると空気に触れる面積が少なくなり、酸化を遅らせることができます。「切れ味」という言葉は、“切れ具合”と“味”の関係性から生まれた言葉だとか。

 

ステーキのような肉料理でも、カットに使う包丁選びは重要です。綺麗な断面であれば、フライパンと肉が隙間なく密着。均一に火が通ると共に、表面が全体的に焼けて肉汁を閉じこめやすくなります。

 

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。