2018.10.02

介護食じゃない!孤食から親を守るレシピ「親つく」とは!?

20181001kaigo01

大和書房から『介護じゃないけどやっぱり心配だから 親に作って届けたい つくりおき』が、9月14日に刊行されました。孤食から親を守る「親つく」レシピを参考にしてみてはいかがでしょうか。

 

老いた親のためのつくりおき=「親つく」


現在の日本は国民の3分の1が65歳以上の超高齢社会となり、独居老人は600万人もいるといわれています。独居は老人の孤食につながり、「ばっかり食べ」「栄養失調」「食欲不振」などを招く心配も。そのため、いま“老いた親のためのつくりおき=「親つく」”を届ける子どもが激増しているそうです。

 

著者・林幸子さんもその一人。料理研究家として活躍する傍ら、大阪の実家と千葉の義理の親に20余年「親つく」を届け続けてきました。同書は肉・魚のおかずから野菜、ご飯、汁ものまで、離れた親に届けられるつくりおきレシピを約80種類も紹介しています。

 

20181001kaigo02

「親つく」は、「食べきりサイズ」、「温めが簡単」、「マスキングテープにメッセージ」など、体力が落ちて食欲が低下した親御さんでも気軽に食べられる工夫が満載です。

 

20181001kaigo03

最も安価で身近な保存容器はポリ袋。口をしっかりねじって2重に縛れば安心ですよ。

 

20181001kaigo04

持ち運びのときは、使い捨て容器に入れましょう。食べるときは縛った口をほどくのではなく、端っこをハサミで切ればあっという間に出せます。

原田美咲

東京出身東京育ち、毎週末子どもを引き連れて面白イベントに出没中。レンタカーを借りすぎて、レンタカー屋さんに「いつもの」が通じるようになってしまった。営業時代に培った脚力で、アウトドアにもガンガン挑戦。

前の記事へ

トマトはヘタを切ってから!野菜の冷凍保存術で“値上がりの秋”を乗り切る

アイディア

2018.10.01

トマトはヘタを切ってから!野菜の冷凍保存術で“値上が...

浴槽を“こすらず洗える”洗剤がついに出た! 欲しかったのはこれだよ!

掃除

2018.10.03

浴槽を“こすらず洗える”洗剤がついに出た! 欲しかっ...

次の記事へ