2018.12.05

マルチクイック9 ハンドブレンダーならにんじんのせん切りも一瞬です!

机の上に置かれたマルチクイック9 ハンドブレンダー MQ 9075X

毎日の料理にかかる時間を少しでも短くしたい。そのためには、下ごしらえにかける時間を短縮したいですよね。料理が上手い人は段取りを考えるのも得意ですが、すぐに料理の腕を上達させるのは難しいものです。

そこで注目したいのが、「ハンドブレンダー」の存在です。ハンドブレンダーはさまざまなメーカーから出ていますが、シェアNo.1はブラウンなのだそう。そこで、今回はブラウンのハンドブレンダーの最上位モデル「マルチクイック9 ハンドブレンダー MQ 9075X 」を実際に使ってみました。

マルチクイック9は片手でラクラク扱える操作性が強み


「マルチクイック9 ハンドブレンダー MQ 9075X」は、ブラウンのハンドブレンダシリーズのなかでもっともパワフルなモデル。世界3大デザイン賞の一つであるiFデザイン賞など、デザイン面でも評価されています。

ブラウンのハンドブレンダーといえば、ベル型シャフトに鋭い2枚刃を備えているのが特徴。マルチクイック9も同様で、刃の回転数は1万2800回/分となっています。

さらに、ブラウンならではの持ち手部分のボタンを握る強さで刃の回転速度を調整できる「スマートスピードテクノロジー」を搭載しており、手が小さい女性でもコントロールしやすいのだとか。

マルチクイック9を女性が使用しているところ

▲きのこのポタージュを作ってみた。薄くカットしたきのこなどを味付けして煮込んだスープを専用の計量カップに入れ、ハンドブレンダーをセットする。

スイッチ解除ボタンを押し、パイロットランプが点灯している間にスマートスピードスイッチを押す。

>>NEXT 片手で扱いやすいのも魅力

今西絢美

家電やIT関係の記事を執筆するかたわら、
“おいしいものナビゲーター”として食の記事も執筆中。