2019.04.26

工藤静香さんのお弁当レシピ!ツナチャーハンが「おかずがない日のアイデアにいい」

工藤さんが公開した“豚バラ巻き”の感想は…?


さらに昨年12月には、2種類の“豚バラ巻き”のレシピも公開していました。工藤さんが公開したのは、“タレ焼きの豚バラ巻き”と“ポン酢をつけて食べる豚バラ巻き”の2つです。使う野菜については、「茹でるとビタミンがもったいないので茹でずに蒸すかチンで」とアドバイスしています。

 

“タレ焼き”は、ほうれん草、エノキを豚バラ肉で巻いたら準備完了。フライパンで焼いて、生姜、ニンニク、醤油、オリゴ糖で作ったタレに絡めれば完成です。“ポン酢”の方は、白菜とエノキ、ネギを巻いて焼くだけでできあがり。工藤さんは、「豚バラは意外に火が通りにくいので、フタをして蒸し焼きにしたら早いです!」とコメントしていました。

 

簡単に作れる1品を早速試した人も多く、コメント欄には「野菜たっぷりなのにお肉で巻いてあるから食べ応え抜群!」「ポン酢の方を作ってみました! とっても美味しくできて家族にも好評です!」「2種類作ってみたところ、どちらも子どもが大喜びで食べてくれました! 簡単で本当に美味しいのでみんな試してほしい」などの声が上がっています。

 

時には動画を使って、わかりやすく料理の作り方を紹介してくれる工藤さん。今後の投稿も、ママ・パパの注目を集めそうですね。

 

文/長谷部ひとみ

 

≪ BACK 1 2

3

長谷部ひとみ

夫の両親と息子と娘、キュートすぎる柴犬との6人+1匹暮らし。バスガイドから心機一転、ライターとして活動中。岩手県の実家に帰ると、その後1週間ほどは訛りが抜けないのが悩み。数学が大の苦手で息子に教わっている。