2018.11.01

食器洗いの価値は年間146万円!? 支払っても逃れたい主婦の本音

20181101_washing_01家族の喜ぶ姿を見たい一心で作った夕食。テーブルには彩り豊かな料理が並び、家族たちは笑顔を携えながらリビングに集まります。しかしふと目線をシンクに向けると、使命を果たした調理器具たちが…。さて、この洗い物は食前と食後のどちらに片づけていますか?

 

調理器具の洗い物はどのタイミングで行う?


今回の相談者は、“調理器具を洗うタイミング”で頭を悩ませる主婦。調理器具などの洗い物は料理と同時並行で片づけていきたい彼女ですが、家事への意識が低いが故にどうしても後回しにしてしまうそうです。食べ終わった後の流しに残った調理器具を見てはげんなりし、そのまま洗い物を放置して翌朝もう一度げんなり。「みなさんはどうしていますか?」という彼女の投げかけに対し、世の主婦たちが“調理器具を洗うタイミング”を巡ってプチ論争を繰り広げました。

 

主婦たちの意見は、大きく分けて2つあります。1つは料理を温かいうちに食べるために、洗い物は食後に行うべきという“後回し派”。もう1つは食後の負担を少しでも軽減するため、食前に洗い物は済ませたいという“前倒し派”です。

 

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。