2018.11.03

中華式!炒飯の時短技「ご飯に油を染み込ませておく」

20181030_friedrice_01中華料理は、フランス料理・トルコ料理に並ぶ世界三大料理の1つ。その歴史は古く、日々腕を振るう料理人たちにも特別な技術があるようです。そこで今回は、プロの“ワザ”が光る中華料理の世界について見ていきます。

 

達人が教えるチャーハンの時短技!


今年の10月に放送された『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)では、横浜中華街を訪問。様々な有名店に足を運び、プロの技が隠された厨房を覗いていきました。

 

横浜中華街といえば、日本に数えるほどしかない中華料理の本場。そんな街で店を構える料理人たちは、他ではお目にかかれないような驚きの技術を持っています。そこでまずは、「四五六菜館」の達人・孫関義さんから“時短チャーハン”の作り方を教えてもらいましょう。

 

孫さんは3分以内でチャーハンを作る技術の持ち主。家庭で作る時のコツを聞いてみると、ポイントはあらかじめご飯に油を染み込ませることにあるそう。続いて溶いた卵をフライパンに入れていき、ある程度火が通ったらフライパンを火から離します。そして具材は必ず最後に投入。上手く混ざったタイミングで味つけをしますが、醤油はフチから焼くように入れると香ばしさがアップしますよ。

 

さらに紹興酒があれば、よりプロが作るような本格的な味が再現可能。特別な食材や調理器具は一切必要ないので、ぜひ家庭でチャレンジしてみてください。

 

長谷部ひとみ

夫の両親と息子と娘、キュートすぎる柴犬との6人+1匹暮らし。バスガイドから心機一転、ライターとして活動中。岩手県の実家に帰ると、その後1週間ほどは訛りが抜けないのが悩み。数学が大の苦手で息子に教わっている。