2016.09.07

関西:夏休み赤ちゃんから小学生まで楽しめる屋内イベント3選

【この記事は、CHANTOママライターによるウェブ限定記事です】

 

ライター名:大友優華

 

ママたちがグッタリしてしまう、給食のない夏休み。

はじめのうちは、市民プールや公民館のイベントなどもありますが、8月後半になるとだんだんお財布もエネルギーも残り少なくなります。

それに、夏休み限定のイベントって、小学生しか参加できないものが多いので、下の子が小さいとなかなか行けないという悩みも。

そんな時、涼しい屋内で上の子も下の子も、そしてママやパパも楽しめるイベントがあると、すごく助かりますよね!

 

そこで今日は、筆者が住んでいる関西のイベント情報の中から厳選した3つをご紹介します。

ぜひ。お出かけの参考になさってください。

 

・グランフロント大阪『まる育まつり』

子育てのシンドイをオモロイに変える1日。親子で遊んで学べる多彩なプログラムで夏休みの宿題コンプリート!

20160907-1

20160907-2

(↑主催者に掲載許可をもらっています)

商業施設なので、授乳室やランチができる飲食店などもあり、赤ちゃん連れでも安心して楽しめます。

工作やセミナーなどが全て無料というのも魅力ですね。

小児科医による講演『うちの子、発達障害かもしれない?!』や、親学アドバイザーによる『聴き上手なママになる親育セミナー』なども保護者向けのコンテンツも見逃せません。

 

夏休みに子どもと過ごしていると、すごく成長したなあと感じませんか?

実は、その瞬間、親も親として成長しているのではないでしょうか。

このイベントは、親の成長も応援してくれるプログラムが満載ですよね。

ただ遊ぶだけでなく、学びの要素もあるから、夏休みの締めくくりにぴったりですね!

 

まだ小さい下の子には、バルーンアートが喜ばれると思います。

この日は、ショーだけでなく、実際に自分でバルーンを作らせてもらえるそうですよ。

 

【まる育まつり】

日時:2016年8月18日(木)10:30-15:30

会場:グランフロント大阪うめきたシップホール 大阪市北区

参加費:無料

申込:来場登録→https://ws.formzu.net/fgen/S5772517/

HP:http://iko-yo.net/events/51106

 

・きっづふぉとん工作夏祭

さすが、科学館の催しですね!光の不思議がわかる、贅沢な工作が無料でできます。

工作ワークショップは小学生が対象ですが、館内には幼児向けのコーナーもあります。

上の子が工作に集中している間、ママは下の子と一緒にほんわか遊ぶというのも手ですね。

なにより、屋内で涼しく過ごせるというのが、嬉しいのではないでしょうか。

 

【きっづふぉとん工作夏祭】

日時:2016年7月30(土)~8月21日(日)※休館日除く

会場:関西光科学研究所きっづ光科学ふぉとん 京都府木津川市

参加費:無料

申込:当日先着順に整理券配布

HP:http://www.kansai.qst.go.jp/kids-photon/index.html

 

・関空夏祭り

アジアのハブ空港を目指す関空では、毎年ファミリーで楽しめる夏休みイベントを開催しています。

今年の夏祭りは、特別!ポケモンビンゴパーティーや、有名なご当地キャラのステージ、そして、誰もが知っているものまね芸人のショーなど、ものすごく豪華です。

もちろん、輪投げやヨーヨー釣りなどの定番企画もありますよ。

20160907-3

屋外ステージのイベントが多いのですが、館内で涼しく過ごせる場所もあります。

小学生の上の子たちは屋外へ。ママとベビーは館内のプレイルームやカフェでゆっくり過ごせます。

海外旅行に行けなかったご家族も、ここで様々な国からやってくる飛行機を観ながら、旅行気分だけでも味わっておきましょう!

20160907-4

※屋内施設スカイビューには、空港にまつわる職業体験ができるアトラクションがあります

 

 

【関空夏祭り】

日時:2016年8月27日(土)~8月28日(日)

会場:関西空港

参加費:入場無料。一部参加費がかかります。

HP:http://www.kansai-airport.or.jp/special/event/20160827_2.html

 

 

ちゃんと 編集部

働くママ向けの月刊誌『CHANTO』編集部。仕事、子育て、家事、自分。働くママの暮らしに役立つ情報を掲載中。CHANTO webでは最新号の記事内容を中心に紹介します。