2018.08.27

絵本原画展に行こう!絵本を深く楽しむコツ〜林明子さん編〜

この夏、絵本原画展めぐりをしています。

まずは、約1年強に渡り、全国を巡回していた林明子さんの原画展。

最終クールの銀座で開催される10日間に、何とか滑り込んできました。

https://www.asahi.com/event/hayashiakiko/introduction.html

 

絵本原画展の魅力は、当然ながら、製本された絵本ではなく、作者が描いた作品の原画(本物)を見ることができる、ということ。

 

製本された絵本の絵と原画って、同じものなはずなのですが、全く違って見えるんです・・・!!

そんな絵本原画展の魅力、ご紹介しますね。

1-1

 

絵本原画展の楽しみ方


 

事前に予習をしておこう

原画展を子どもたちが楽しめるようにと、林明子さんの作品をほぼ全て、図書館や中古で取り寄せ、事前に読み聞かせをしていました。

 

3歳娘が特に気に入ったのが『こんとあき』で、毎晩読み聞かせること約一ヶ月。。。

そこそこボリュームのあるストーリーなので、なかなか疲れました(笑)

 

娘のツボは、表紙裏にたくさん描かれている『こん』のイラストと、『こん』が電車のドアにしっぽを挟まれてしまうシーン。

 

絵本の中身はもちろんですが、本編に入る前に表紙裏のこんを一匹ずつ指差しながら、『こん♡こん♡』とラブコールを送るので、なかなか骨の折れる作業でした。

 

それでも、『林明子さんの絵本に出てくる女の子の名前は“あやちゃん”が多いね』とか、『“あさえとちいさいいもうと”と“いもうとのにゅういん”は同じ姉妹のお話だね』とか、普段の読み聞かせとは違った視点でトータルに絵本を楽しむことができました。

 

わたし自身、林明子さんの絵が大好き♡

 

子どもの頃に読んでもらった絵本の中で一番のお気に入りが、『おでかけのまえに』。

“目がしぱしぱする”という表現を知ったのも、『はじめてのおつかい』からでした。

 

それでも当時の記憶はストーリーよりも完全に“絵”!

 

林明子さんの、ふんわりとした絵のやわらかさとか、子どもの肌特有のモチモチした感じとか。

子ども心に、食べ物ではないのに『おいしそうな絵!』と思った記憶があります(笑)

 

大人になってから再会すると、また違った発見があり、子どもたちのためにとたくさん借りた絵本も、一番楽しんでいたのは私の方でした(笑)

ささき けいこ

3人の子を持つワーキングマザー。熱狂的なMr.Children信者だが、近年は子育てに没頭中。『これはイイ!』と思ったものをシェアすることが得意。身内からは密かに『ザビエルけいこ』と呼ばれている。

前の記事へ

週間占い・双子座「前向きに動けばどんどん流れに乗れる!」<8/26~9/1>

趣味

2018.08.26

週間占い・双子座「前向きに動けばどんどん流れに乗れる...

眼帯姿の吉沢亮はいかが!? 岡崎京子の伝説の漫画がついに実写化『リバーズ・エッジ』

趣味

2018.08.27

眼帯姿の吉沢亮はいかが!? 岡崎京子の伝説の漫画がつ...

次の記事へ