2018.08.21

ニトリで「お、ねだん以上。」の品を見抜く!プロの技と厳選16品

_DSC3674

「お、ねだん以上。」でおなじみ、収納家具やインテリアなどを扱うニトリ。扱っているアイテムは約1万2千点にも及び、お値段もキャッチコピー通り良心的。それだけに、お店に行くとついテンションが上がって買い過ぎてしまい、結局はあまり使うことなく眠っている……という経験、ありませんか? 

今回は、ニトリで上手に買い物をするテクニックをご紹介。ママスタイリストである白男川清美さんと一緒に、実際に店舗を回りながら、プロの目利きのワザを伺いました。職業柄、普段から「イイモノ」をたくさん見てきているスタイリストさんは、たくさんの商品があるニトリで、どんなふうにイイモノ探しをしているのでしょうか!?

 

\ 人気スタイリストが教える! /

ニトリで自分にいいものを見抜く3つのルール

_DSC3860

1.買い物するときは、必ず「目的を明確に」する

買い物するときは、「今日は何をメインで買いに来たのか」を必ず明確にしておきます。最近のテクニックとしては「スマホにメモ」しておくこと。これが、無駄なものを買いすぎないコツです。ニトリのような多ジャンルを扱うショップでしかも1個1個のアイテムが安いと、つい不要なモノまで買ってしまいがち。ショッピングしているうちに、目的以外の「欲しい」に出会ったとしても衝動買いはせず、一度持ち帰って冷静に考えるようにしています。

2.「周りに評判を聞く」ことで、いいモノと出会える

スタイリストという職業柄、新商品のニュースなどは耳に入ってきやすいのですが、なんでもかんでもいいからといって手を出すと「モノが溢れてしまって結局は使わなかった」なんてことが、過去にはありました。まず欲しいと思ったら、仕事仲間やお友達の評判を必ず聞くようにしています。自分のことをよくわかっている人たちの評判は、間違いがないから。

3.必ず実物を「見て、触って」購入を決める

いまはネットやSNS全盛時代。欲しいものがあったら検索し、通販などで手に入れることができてしまいます。簡単に手に入ったものは、案外心に残りにくく、簡単に手放すことになる結果に。もちろん欲しいものがあったら検索をしてチェックをしますが、買うとなればできる限り実物を手に取り、その良さを確認してから買うようにしています。

松崎愛香

フリーライター。小学生女子と保育園男子の2児の母。「読んでハッピーに」そんな記事を各ジャンルで執筆。

前の記事へ

話題の壁掛け植物・スワッグ「お世話がまったく必要ない」と働くママに大人気!

トレンド

2018.08.20

話題の壁掛け植物・スワッグ「お世話がまったく必要ない」と...