2018.07.09

便利でお洒落な“やまぶどうのかごバッグ”の魅力を語る!

お洒落と実用を兼ねる、やまぶどうのかごバッグは大人の女性向け

夏のお洒落アイテムとして必ず名が挙がる“かごバッグ”。日常のお買い物ももちろん、浴衣に合わせても可愛いし、リゾートのお供に連れて行っても可愛いですよね。素材もラタン、柳、竹、くるみ等…素材も色々あり、形状や編み方も様々です。

私が大人の女性にお勧めしたいのが“やまぶどう”製のかごバッグです。他の素材のかごバッグよりも値段が高めではありますが、ラタンや柳より色合いが落ち着いていて、丈夫で実用的、かつ経年の色合いの変化が楽しめるところが大きなメリットです。また、子供に持たせても可愛いので、親子で共用も出来ますし、季節を問わず活用できるのでコストパフォーマンスが高いと思います。

今回は、私の大好きな“やまぶどうのかごバッグ”の魅力をご紹介します。

2-1

 

カジュアルから和装まで、使える場面が多い!

私が好きなのが、シャツとデニム等のカジュアルファッションに、やまぶどうのかごバッグを合わせるコーディネートです。私は週末に果物や野菜、ベーカリーのハードブレッド等を商店街で購入する事が多いのですが、青果類と、このかごバッグが非常に相性良しなのです。ポリエステル製のエコバッグでも良いのですが、かごバッグは底がしっかりしているので、リンゴ等の丸い果物を入れてもおさまりが良いですし、かごバッグを持って買い物をすると、外国のマルシェに出かけているような、ちょっとしたワクワク感も味わえます(笑)。

見た目も、かごバッグから良い焼き色のパンや果物がちらっと見えていると可愛いですよ。そしてかごバッグの内側が汚れないか心配な時は、ざぶざぶ洗える綿素材等の中袋を入れておけば安心です。(私も通常、綿素材の中袋を入れた状態で使っています。)

2-2

また、結構出番が多いのが和装の時ですね。普段私は小紋や紬、木綿等のカジュアル着物や浴衣をメインに着用しますが、着物や浴衣にかごバッグを合わせてもいい感じです。確か漫画『サザエさん』に出てくるフネさんも、和服を着てかごバッグ(?)を持って買い物をしていた記憶がありますし、昔も今も定番のコーディネートかもしれません。

あとは夏のリゾートワンピースと合わせても可愛いです。こちらも夏の王道コーディネートですね。

丈夫で可愛いやまぶどうのかごバッグは、その他のマイバッグ達と比較すると、ダントツ応用範囲が広い、優秀お洒落アイテムです。

 

中袋を季節ごとに取り換えると更に楽しい♪

前述しましたが、私はやまぶどうのかごバッグには中袋を入れた状態で利用しています。この中袋ですが、購入した時に付属品として付いていた中袋が暖色で、「春先や夏に使うには合わないな…」と思い、好みの色の布で季節ごとに使い分けられる様に、中袋を何枚か自作しました。

淡いグリーン系の中袋は、春先から初夏にピッタリですし、ブルー系中袋は夏に使うと清涼感が出ます。付属の暖色系中袋は秋から初冬にかけて使うとしっくりすると思っています。

昨年“ファー”を付けたかごバッグが冬に販売されていたのを見かけて、「冬でもかごバッグは使えるのか!」とアイデアをもらいましたので、今年の冬は、ファーヤーンでモコモコの中袋を編んで使ってみようかなと妄想中です(笑)。

こんな風に、中袋のコーディネートも加える事で、やまぶどうのかごバッグを更にお洒落に活用できます。

中袋を作るのが面倒ならば、ちょうどいい大きさの市販の巾着袋を入れてもイメージが変わりますよ!

2-3 2-4 2-5

※写真左より「中身こぼれ防止蓋付き春向け中袋」、「夏向け中袋」、「元々バッグに付いていた暖色系中袋」

 

年を重ねて、綺麗な飴色に変化していく過程も楽しめる

私の愛用しているかごバッグの材料は“やまぶどう”というぶどうの仲間のつる性植物で、この皮を剥いで乾燥させたものになります。やまぶどうの皮は採取できるエリアが山奥、かつ採取できる時期が梅雨時限定の希少な素材です。そしてこの希少な素材を職人さん達が丁寧に編み上げて、商品として世の中に流通している訳です。

やまぶどうのかごバッグは、使い込むと手の脂で艶が出てきて、経年により皮の色が飴色に変化していきます。つまり、年を経て味わいのある色味に変化していくわけですね。この経年の変化も楽しみのひとつであります。私のかごバッグはまだ使い始めて5年位ですが、以前より色合いに深みが出てきましたよ。

また、信頼できる店舗で購入すれば、「取っ手が折れたー!」等の悲劇が起きても、修理に対応して頂けます。そのため購入する時は、修理やメンテナンス等のアフターサービスが充実している店舗での購入をお勧めします。

希少な素材で職人さんが手作りするかごバッグですので、サイズや編み方で大きくコストは変動しますが、全体的にやや高めの商品ではあります。でも、実用性と耐久性および汎用度を考えると十分元は取れますよ♪

この夏のお洒落アイテムとして、頑張る自分へのご褒美バッグとして、やまぶどうのかごバックをコーディネートのアクセントとして投入してみてはいかがでしょうか?

 

《参考情報》私が現在愛用中のかごバッグを購入したのは下記店舗の通信販売です。(実店舗もあります。)

かごや:https://www.rakuten.ne.jp/gold/kagoya/

 

CHANTOママライター/トヤマチエコ

ちゃんと 編集部

働くママ向けの月刊誌『CHANTO』編集部。仕事、子育て、家事、自分。働くママの暮らしに役立つ情報を掲載中。CHANTO webでは最新号の記事内容を中心に紹介します。