2019.06.10

30分前行動は逆にマナー違反!?「いるだけでプレッシャー」の場面も

20190604_yakusoku_01待ち合わせやアポイントって、どのくらい早く着いておけばいいのか悩みますよね。早すぎても嫌がられてしまうケースがあるようで、「あまりにも早く来る人は逆に礼儀がなってないのでは?」との声も。余裕をもった到着はマナー違反なのでしょうか?

 

早い到着が“善”とは限らない!?


“早く着きすぎ問題”で特に不満が多かったのが、「自分の家」での待ち合わせ。「約束した時間に合わせて動いているから、早く来られると片づけとか準備が間に合わない」「早く着いた友人を外で待たせるわけにいかないし、家にあげるしかないよね」と、かなりストレスが溜まっている様子です。

 

一方、外での待ち合わせでも「相手が“結構待ちましたオーラ”を出してるとすごいムカつく」「1時間も前に『ついた!』って連絡がくると、焦るしイライラする」など不満の声は尽きません。反対に「早く来てしまう人」からは、「心配性で遅れるのが嫌だから早く来てるだけ。別に相手が遅刻しない分には全然気にならない」「プレッシャーに感じるなら『早く来ないで』って言ってくれればいいのに」といった反論も。

 

遅刻しているわけではないので、親しい仲でも指摘しにくいのかもしれません。「早く着いても相手には分からないんだから、『もう着いちゃった』っていうメールをしなければいい」などのアドバイスもあがっていました。

 

>>NEXT お店や仕事でも到着時間は重要?

牧野聡子

ライターとしてメディアで執筆を行う。家庭ではゲーマーお母さんとして子どもと毎日バトル中。また、生活にかかわる最新情報に目がない。知らないことがあるととことん調べるため、パソコンとゲームを往復する生活を満喫中。視力が年々悪くなっている。