2018.11.27

「先輩の奥さんはワンオペ育児で子供3人…」夫の無自覚マウンティングに「お前は敵か!」

20181126ikujichu01「母は強し」という言葉はあれど、時には何気ない一言でひどく落ち込むことも。先日、ネット上にあがった「育児中に言われてツラかった言葉」というトピックが多くの注目を集めました。もしかしたらその一言が、ママたちの心を傷つけてしまっているかも!?

 

とある子育てママを傷つけた何気ない一言とは?


投稿者は、先月2人目の出産を終えたばかりの子育てママ。1人で慣れない育児に奮闘していたある日、旦那さんから「先輩の奥さんはワンオペ育児で子ども3人を育ててるんだって」と言われたそうです。旦那さんにとっては何気ない一言だったのでしょうが、まるで“先輩の奥さんはワンオペで3人育てているのに、お前は2人でいっぱいいっぱいなの?”と言われているように感じたという相談者。

 

「他にも義母から『帝王切開だったからラクして産めたね』と言われたことも」「皆さんも言われてキツかった言葉ってありますか?」という彼女の投げかけに、世の育児ママたちから様々な“育児中の辛辣な言葉”が飛び出しました。

 

彼女のように“旦那さんの一言”にショックを受けた人は多いようで、ネット上では「育児でいっぱいいっぱいになってしまい、夫にSOSメールを送信したら『そんなのうちだけだよ?』と返信がきた」「眠気と戦いながら育児してた時、夫から『つかの間の専業主婦気分味わっておけよ?』『うちは専業主婦させる金ないから』だと」「第二子の授乳で睡眠不足の中、旦那は『いいじゃん、働いてないんだから昼間寝れば』って… 昼は昼で授乳あるし、そんなタイミングよく寝れないよ」などの声が上がっています。

 

牧野聡子

ライターとしてメディアで執筆を行う。家庭ではゲーマーお母さんとして子どもと毎日バトル中。また、生活にかかわる最新情報に目がない。知らないことがあるととことん調べるため、パソコンとゲームを往復する生活を満喫中。視力が年々悪くなっている。