2016.12.12

育休&保活ママのサークルin大阪

【この記事は、CHANTOママライターによるウェブ限定記事です】

 

ライター名:大友優華

 

大阪府高槻市で『育休&保活ママのおしゃべり会』を開催しました。

2015年からゲリラ的に何度か開催してきて、2016年からは3か月おきに定期開催するようになった企画です。

毎回、おしゃべりのテーマは変わりますが、冒頭は近況報告からスタート。

保育所選び、職場復帰の時期、小児科と耳鼻科の使い分け、家事の分担など、育休&保活ママの関心は多岐に渡ります。

20161212-1

“市役所に行って保育園の話を聞いてきました”

“認可外の園に決めました”

“雷雨がひどいからとお迎えコールが鳴って仕事を中断しました”

 

こういった、育休&保活あるあるが話せるというのも、このおしゃべり会の魅力。

地域行政の子育て広場などでは、専業主婦の方が多く、こういった話題は通じません。

その点、育休&保活という共通点があると、日ごろの悩みに共感してもらえて、おしゃべりが盛り上がります。

 

今回は、少し趣向を変えて『コラージュ』を楽しむ企画になりました。

ママ自身が叶えたいと思っていることを見える化してみようというもの。

雑誌の中から、好きなものや、行ってみたい場所、やってみたいこと、そしてグッとくる言葉などを切り出し、スクラップしていきます。

20161212-2

“ひとりの時間をつくってウォーキングしたい”

“ゆったりと流れる時間の中で紅茶を楽しみたい”

“テニスを習いたい”

“新しい家を探したい”

“おしゃれな服をコーディネートしたい”

“家族みんなで掃除ができるような暮らし方をしたい”

20161212-3

どの願いも、子供がいないご家庭なら簡単に手に入りそうなものばかりです。

でも、子供が小さい今は、それが難しくなるということですよね。

 

普段、子育てに追われるあまり、自分の望みを置いてきぼりにしているママたちにとって、この作業はとても新鮮な体験でした。

実は、心理療法の一種である『コラージュセラピー』からヒントを得た企画で、心の奥に閉じ込めているストレスや我慢を健全な形で解放できるのだとか。

20161212-4

<参加者のご感想>

・学生時代の就活で「あなたを自由に表現してください」というものがあってそのときにコラージュしたことを思い出しました!その時とは全く違う表現ができて楽しかったです

・頭の中だけでなく、実際に目に見えるようにすると、ちょっと客観的にみれるし、他のママと共感することもいっぱいあって、よかったです!

・コラージュしてどうなるのかと思っていましたが、自分のやりたいことが整理されたようで楽しかったです。上手い下手があまり出ないのも良かったかな(笑)

20161212-5

育児休業中は、それまで自分が居た世界とは違う価値観のお友達ができるチャンスですね。

みなさんの地域には、育児休業中の方やワーキングマザーが気軽に集うことができる場所がありますか?

ぜひ、参加してみてくださいね!

 

ちゃんと 編集部

働くママ向けの月刊誌『CHANTO』編集部。仕事、子育て、家事、自分。働くママの暮らしに役立つ情報を掲載中。CHANTO webでは最新号の記事内容を中心に紹介します。