2019.02.02

田舎と都会における子育て環境の違いは学歴への執着!?

20190118inaka01子育ては周りのサポートだけでなく、環境も大切です。昨年“田舎と都会における子育て”という話題に注目が集まっていました。田舎と都会の子育てには、それぞれどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

“田舎と都会の子育て”の違いとは?


12月下旬、教育関係の仕事に就いている女性から“田舎と都会の子育ての違い”についての質問がネット上に寄せられていました。その女性は「田舎と都会だと子育て方法に違いがあると思います」と綴り、「それぞれの良さを教えてください」と投げかけています。

 

この質問に、ネット上からは様々な意見が。まず“都会”については、「チャンスが身近にある。進学するにも選択肢が多いし、周りに『できる子』がいるから刺激も多い」「電車やバスで通える所に大学があるから進学しやすいと思う。車が無くても電車で遊びに行けるし」「色々なアミューズメントパークで遊べる上に博物館や美術館にすぐ行ける。こういう環境の差はかなり大きい」といった意見が。“教育面での選択肢の多さ”や“交通の便の良さ”、“遊ぶ場所の多さ”などが都会のメリットだと感じる人が多いようですね。

 

一方“田舎”については、「極端にお金持ちがいなかった。みんなだいたい同じくらいの育ちなので格差は感じなかったかな」「田舎育ちで都会に出てましたが、都会は時間に追われてる感じがする」「良くも悪くも勉強とか学歴だけに固執してなかった。だから中卒から国立院卒まで色々な人がいたよ」などの声が。田舎は“格差が無いこと”や“学歴にとらわれないこと”、“のびのびとした環境”といった面に魅力があるのかもしれません。

 

田舎と都会の良い面がピックアップされましたが、中には「結局は親次第だと思うよ」「サービスとか環境をどう活かすかはやっぱり親次第なので、どこで育てても一長一短」といった声も多く上がっていました。

 

内田裕子

2人の娘と日々奮闘中。東京出身のフリーライター。
子育てや家事をいかに楽しく効率的に行うかを日々考えている。自分が料理教室に通うか、子どもにピアノを習わせるかで悩み中。家事の中では洗濯が好きで、保育園から大量に持ち帰られる洗い物に密かに闘志を燃やしている。