2019.01.07

3歳女の子が長く遊んだおもちゃ☆すぐ飽きたおもちゃ

さて、子どもがいるとおもちゃがどんどん増えますよね。我が家も3歳の娘がいるのでおもちゃのための収納ラックにくわえて、おままごとキッチン、おもちゃのピアノ、押し入れにもおもちゃを入れた収納ケース2つとおもちゃが収納スペースをかなり圧迫している状況です。

なるべくなら長く大切に遊べるおもちゃを厳選して置きたいと思いますよね。我が家の娘は3歳。0歳から3歳まで買ったおもちゃの中で特に飽きずによくあそんでいる長持ちおもちゃとすぐに飽きてしまって買ったことを後悔したおもちゃをまとめます。

クリスマスやお誕生日のおもちゃ選びの参考になれば幸いです。

 

おままごとセット

 

画像1

 

1歳のお誕生日に夫の両親におねだりして買ってもらったのが木製の食材セット。包丁のおもちゃでザクッと切ることのできるものです。これは本当に長く遊んでいます。

よちよち歩きの1歳のときは包丁を使って切る難しかったのですが、コロンとした木の感触が気に入ったようで何度も「ちょうだい」「どうぞ」と手渡ししてくれました。その後もお皿を買い足したり、2歳のお誕生日に木製キッチンを買い足したりと遊びは広がっていきます。

安いプラスチック製のものも多いおままごとセットですが、かなり長く遊んでいるので丈夫な木製のおもちゃセットを買ってもらってよかったと思います。

 

 

段ボール製マイハウス

画像2 

 

こちらは2歳のクリスマスに私の両親に買ってもらったプレゼント。白い段ボールのキットを組み立てると、窓やドアがついた小さなおうちが作れるというものです。娘はとても気に入って、中にぬいぐるみを持ち込んだり、3歳になった今は窓のカウンターにおもちゃを並べてお店屋さんごっこをしたりと遊び方は無限大のようです。

親からの視点でこの商品のいいところを挙げると、自分でカスタムできることと折りたたんで収納できるという点。もともとは真っ白の無地のマイハウスだったのですが100円ショップのインテリアコーナーで木目調やレンガ柄の壁紙シートを買ってきて夜な夜な貼ってカスタムしたり、カラーセロハンを窓に貼って影を楽しんだり、壁に娘が描いた絵を貼ったり、中には壁にフックを取り付けてお店屋さんごっこで使う紙袋をかけたりとどんどん自分の好きなようにアレンジできる楽しさがあります。娘も自分が折り紙で工作した魚などを貼ったりするうちに愛着がわいてきているようで大切に使っています。

また、意外と簡単に折りたたみができるので3か月ごとぐらいに出したりしまったりしています。後述しますが、おもちゃは入れ替えして新鮮な気持ちをキープするのがおすすめです。

 

 

レジ

 

画像3

 

これも長く遊んでいるおもちゃのひとつ。レジスターです。ただ、このおもちゃについては少し後悔しています。こんなに良く遊ぶのであればもっと厳選して、もっと機能のたくさんついたものを買ってあげればよかったかなという後悔です。確か1歳半ぐらいの時に、たまたまおもちゃワゴンセールでみつけて999円で購入したものなので。

我が家は娘と一緒にスーパーやコンビニへ一緒に行く機会が多いのでお買い物ごっこは大好きな遊びのひとつ。バーコードをピッとスキャンしたりレジをガシャンと開けたりするのが楽しいみたいですね。このレジを使わない日はほとんどないんじゃないかなとおもうぐらい、ほぼ毎日使っているおもちゃです。

 

 

注意!ぬいぐるみは厳選して!

ぬいぐるみについては安易に買わないほうがよかったなと後悔しています。というのも、ぬいぐるみはとにかくスペースをとりますし、毛足が長いので洗濯やケアが大変なのです。そして、人形と一緒でなんとなく捨てにくいですよね。

旅行先や水族館のお土産屋さんなどで、少し小ぶりのものだとつい「このぐらいならじゃまにならないかな」と深く考えずに買ってしまうんですよね。

どんどん増えておもちゃ箱のスペースを占領していくぬいぐるみを見て、ねんねの時にベッドに連れていくぐらい愛着のあるぬいぐるみ3つぐらいにとどめておいたらよかったなと思いました。

 

おもちゃは定期的に入れ替えをして!

またおもちゃ収納のポイントの一つが、定期的におもちゃを出したりしまったりすることです。我が家ではおもちゃは、子どもがいつでも手が届くおもちゃラックと手が届かない押し入れの中段奥のほうの衣装ケースの中に収納しています。このおもちゃラックの中のおもちゃと押し入れのなかのおもちゃを定期的に交換して入れ替えることで、「あ、このおもちゃ久しぶりだ!」と新鮮な気持ちを保っています。子供の成長はすごいもので、半年前には縦に積み上げるだけだった積み木を久しぶりに出してみたら立派なお城を作ったり、3か月前は興味を示さなかった塗り絵に食いついたりとリアクションが変化していきます。

おもちゃの数は増やさずに、でも新鮮な気持ちで遊ぶことができるので刺激になります。思い出したときでいいので、たまにおもちゃの入れ替えをしてみてください。

 

 

以上、クリスマスやお誕生日のおもちゃ選びの参考になればうれしいです♪

 

CHANTOママライター/本庄なべ子

本庄なべ子

大阪府在住ライター。京都大学卒業後、出版社勤務を経て2016年1月に娘を出産。産後うつになりかけた経験から、親子で達成感を味わえる簡単料理とおもちゃ工作が得意。趣味は旅行と百均パトロール。