2018.09.12

意外と便利!? 最近目にしない赤ちゃんの歩行器…メリットとデメリットを解説

shutterstock_337354424

少し前に、もうすぐ赤ちゃんが生まれるママから、「歩行器をゆずってもらえることになったんだけど…赤ちゃんに良いのかな?」と相談を受けたことがあります。

そういえば、最近はバウンサーやハイ&ローチェアに赤ちゃんを座らせることが多く、「歩行器」ってひと昔前のアイテムな感じもしますよね。ちょっとインターネットで検索してみたところ…出てくるのは、介護やリハビリ用のものばかり!

歩行器は絶滅してしまうのでしょうか?減っている理由は?メリットはないの?と気になり、調べてみました。

 

歩行器ってそもそもどういうもの?


歩行器の歴史はかなり古く、15~16世紀のヨーロッパが発祥。日本にも明治時代から伝わり、団塊の世代がいっせいに出産育児を迎える「第二次ベビーブーム」の1970年代には、年間生産台数68万台とピークを迎えました。

 

いま子育て中のママ・パパの祖父母世代が若い頃には、どこの家庭にも歩行器がある風景が見られたといえます。

 

しかし、その一方で、歩行器使用による赤ちゃんの事故の報告も相次ぎ、海外でも毎年数件の死亡事故も起きていることから、カナダやアメリカでは現在販売が禁止されています。

こういった不幸な事故では正しい使用法を守っていなかった可能性が高いとはいえ、おじいちゃんおばあちゃんが「歩行器を買ってあげる」と言ってくれても少し心配になってしまいますよね。

高谷 みえこ

ライター歴15年。大手企業サイトなどで執筆を行う。得意分野は女性・主婦向けの記事。育児ポータルサイトでは新米ママのお悩み相談コーナーで回答者を務めた実績を持つ。