2018.07.01

「嫌い」「食べない」1歳児の偏食…先輩ママの対策と子供のその後

shutterstock_1059431618

離乳食が進み、色々なものが食べられるようになる1歳頃。でも、この時期、「魚をほとんど食べない」「お豆腐がきらい」「パンしか食べない」など、子どもの偏食で悩んでいるママは意外と多いのです。ミルクやフォローアップミルクを飲んでいる間はまだ少し安心ですが、ミルクを卒業した後の栄養バランスは大丈夫?と心配になりますよね。かといって、いつまでもミルクを哺乳瓶で飲んでいると虫歯も気になるし悩ましいところです。

今回はそんな1歳児の偏食について取り上げ、対処法を考えてみます。

 

どうしてこの時期に偏食がはじまるのか


離乳食をスタートした当初は好き嫌いなくなんでも食べていたのに、1歳から1歳半の時期に突然、食べさせようとしてもイヤイヤしたり、手で払いのけたり、口に入れたものを吐き出したり…今まで食べていただけに、ママは「なんで?」と驚いてしまうことでしょう。

この時期になって偏食が始まるのか、それにはいくつかの理由があると言われています。

まず、味覚が発達してきたからこそ、食の好みもはっきりするということ。同じく、1歳頃からは自分で何かを選択する「意思決定」の力もさらに伸び始める時期であり、それが身近な「食」に表れているといえます。

次に、1歳代は多くの子どもが歩けるようになる時期であるため、食べるよりも遊ぶ方が楽しくなっていることも考えられます。5分もしたら椅子から降りてトコトコどこかに行ってしまう子どもの頭の中は、「いま忙しくてごはんどころじゃないの」かもしれませんね。

高谷 みえこ

ライター歴15年。大手企業サイトなどで執筆を行う。得意分野は女性・主婦向けの記事。育児ポータルサイトでは新米ママのお悩み相談コーナーで回答者を務めた実績を持つ。