2018.06.30

歯並びも心配…おしゃぶりのやめどき・やめ方を教えて!

shutterstock_517727950

新生児の頃は、おしゃぶりがあればスヤスヤ眠ってくれたので愛用していたけれど、1歳を過ぎ2歳に近づくにつれ、歯並びも気になるし、見た目がちょっと恥ずかしいと感じ始めるママも。でも、おしゃぶりがないと眠れない子は、なくなったらどう乗り切ればいいの?電車の中や病院の待合室など、静かにしていてほしい場面では…?と不安もいっぱいですよね。この記事では、おしゃぶりの「やめどき」のポイントや、先輩ママが実行した「やめ方」などを紹介します。

 

実際、おしゃぶりで歯並びは悪くなるの?


新生児~歯が生え始めるころまでは問題ありませんが、1歳前後で前歯が生え揃ってくると、おしゃぶりを続けることで歯並びが悪くならないか心配になり始めるママは多いと思います。

実際、歯科検診が行われる1歳半検診では、おしゃぶりを使っているかどうか聞かれたり、そろそろ歯並びやかみ合わせに影響が出始めるので使わない方がいいと指導される場合もあります。

 

日本小児歯科学会の見解によると、おしゃぶりで噛み合わせに問題が生じた場合でも、2歳頃までに使用をやめれば、その後の発育とともに改善されるとのこと。2歳半を過ぎると、入臼歯が生え揃い、開咬(オープンバイト)・乳臼歯交叉咬合など、噛み合わせの異常が将来に渡って続く懸念があるとしています。

 

その他、上顎前突(出っ歯)などもおしゃぶりの影響が心配されますが、小学生や中学生のお子さんを持つママに聞いてみたところ、おしゃぶりをしていた子が必ずしも歯並びが悪いとは限らず、兄弟で、おしゃぶりを使っていた子が歯並びがよく、使っていない方の子が歯列矯正をしているというケースもありました。

 

最近では、形状や素材を工夫して「歯並びに影響しにくい」というおしゃぶりも売っていますが、歯並びに関しては、遺伝・あごの細さ・歯の大きさなど、おしゃぶり以外の要素も絡んでくるようです。ただし検診で歯科医師からおしゃぶりの影響を指摘された場合は、できるだけやめる方向が望ましいでしょう。

高谷 みえこ

ライター歴15年。大手企業サイトなどで執筆を行う。得意分野は女性・主婦向けの記事。育児ポータルサイトでは新米ママのお悩み相談コーナーで回答者を務めた実績を持つ。