2019.05.09

恋は3年で冷める?結婚しても愛情を長続きさせるコツとは

33-1

恋は3年で冷めるといいますよね。
ですが、結婚は人生において長い間続く関係です。できるだけお互いに愛情をもったまま暮らせるコツはないのでしょうか?
マンネリにならないための工夫や心遣いをご紹介します。

■ときめかなくなった原因を考えましょう

夫婦の関係がマンネリ化してしまう原因のひとつに、お互いにときめかなくなってしまった」ことがある言われます。ときめきとは、言い換えれば相手に「ほれ直す」ような気持ちです。
同じ相手と長年一緒に生活していると言動の予測がつきやすくなり、それはそれで安心はできるのですが、スリルはなくなりますよね。
休日の過ごし方や好きな食べ物なども、知り尽くしているだけに、飽きてきます。そう考えると、配偶者に対して結婚した当初のようなときめきが感じられなくなったとしても、それは慣れですので致し方ないことです。
自分の心がときめかないのを相手のせいにしすぎると、ストレスがたまってよくないかもしれません。結婚しているとときめきがなくなってしまうのはある程度仕方ないと思っておいた方がよいでしょう。

もし相手に対してときめきを感じたいと思ったら、これまでにしたことがないことをやってみてはいかがでしょうか?
休日の過ごし方がワンパターンになってきていたら一緒に新しい趣味を始めてみてもいいかもしれません。いつもの食事に飽きたらこれまで食べたことのないようなものを一緒に食べてはいかがでしょうか?
初めて接するものや出来事に対し、相手が別人のような反応を見せてくれるかもしれません。人間はいろいろな面を持っている複雑な生き物ですから、新しいことをすれば意外な一面を発見できることもあるでしょう。
その際に相手に対して頼りがいがある、優しいところがあるなど、プラスの印象を与えられるようだとベストですね。「ほれ直す」きっかけになるかもしれません。

富樫 真由美

富樫真由美
保育の仕事をしながら子育てをした経験を活かし、ライターをしています。