ハロウィーンディナーに!専門家イチオシのデコ料理

10月末のお楽しみ、ハロウィーン。料理やデコレーションを用意して、親子や友人と盛り上がりたいけれど、今年は残念ながら水曜日。でも、大丈夫!仕事があっても、学校や保育園があっても、パパッと作れて写真映えするメニューやデコアイデアをご紹介します。

テーブルにおいしいもの、かわいいもの、笑っちゃうものをいっぱい並べてハロウィーンパーティをめいっぱい楽しみましょ!

 

教えてくれたのは…

五条まあさっちんさん

6152

テレビや雑誌で活躍中のハロウィーン料理研究家。ドクロやミイラなど、リアルな怖いものも大好き。ふたごの男子のママでもある。https://ameblo.jp/narumori/

 

ハロウィーンのパーティーレシピ

 

 

img_015

 

 

カラフルなジャックオーランタンがパーティ気分を盛り上げます

3 色野菜怪人

材料(作りやすい分量)
パプリカ(赤・オレンジ・黄) ・・・各1個
姫きゅうり・セロリ・パプリカ(赤・オレンジ・黄)・ミニキャロット ・・・各適量

作り方
 容器になるパプリカは上部を切り落とし、はさみで切って、目と口、鼻を作る。セロリとパプリカは食べやすく切る。
 器にパプリカをのせ、野菜を盛りつける。

 

お茶目な顔がかわいくて食べられない!

ブロッコリー怪獣

材料(作りやすい分量)と作り方
 ブロッコリー2房はゆでる。スライスチーズ適量はストローでくりぬき、かにかま適量は口の形に切る。
 ブロッコリーにのチーズをのせ、その上に黒いりごま適量をつけて目を作り、かにかまもつけて口を作ったら器に盛る。

 

img_004

point!
顔のパーツのカットには「眉切りばさみ」がおすすめ。先がとがっていて細かい部分も切りやすい。ドラッグストアなどで手軽に入手できるので、料理専用に1本あると便利。

 

>>NEXT おにぎりもハロウィン仕様にデコレーション!?

ちゃんと 編集部

働くママ向けの月刊誌『CHANTO』編集部。仕事、子育て、家事、自分。働くママの暮らしに役立つ情報を掲載中。CHANTO webでは最新号の記事内容を中心に紹介します。