もし、うちの子がいじめにあったら…子供のSOSに気づけますか!?

日本テレビの報道記者、キャスターとして、長年教育問題を取材してきた岸田雪子さんの著書『いじめで死なせない 子どもの命を救う大人の気づきと言葉』(新潮社)。

過酷ないじめを受けながらも生き延びた「いじめサバイバー」の声に耳を傾けるなかで、大人がかけるひと言が子どもの命を救うカギとして浮かび上がってきたそう。

本誌では、子どもたちを守るため、今私たちが知っておくべきことを教えてもらいました。

今回はその一部をご紹介します。

教えてくれたのは…

岸田雪子さん

東京都生まれ。早稲田大学法学部を卒業、東京大学大学院情報学環教育部修了後、日本テレビに入社。報道記者歴10年を経て報道キャスターに。報道局解説委員として文部省記者クラブの担当も。夫と小学校5年生の長男との3人家族。2018年6月、初の著書『いじめで死なせない』を出版。

CHANTO読者にアンケートをとってみたところ…

24人/116人が

すでに子どものいじめを経験していました

まだ子どもが小さく、身のまわりではいじめについてあまり問題になっていないからと、どこか人ごとに思っていませんか? 読者のみなさんにアンケートをとってみたところ、回答者の約1/5が、子どもがいじめにあったことがあると回答。この数、「人ごと」と流せる数ではありません。子どもをどう守るか、真剣に考える必要があります。

子どもからのSOSに親としてこたえるために

できること、すべきこと

18718 o2051

いじめは見えにくくなっている

最近のいじめの特徴について教えてください

岸田さん:今、いじめの形が変わりつつあります。昔のような暴力的ないじめはやや減り、大人の目から〝見えにくいいじめ″がふえています。たとえば、特定のグループ内での仲間はずれ。外から見ていると友達どうしでふざけ合っているようで、大人の目には「仲のいいグループ」に映ってしまうんです。また、インターネットやSNSの普及も、いじめを見えにくくする大きな要因です。自分の子どもがツイッターで暴言を吐かれていたり、LINEのグループからひとりだけはずされていたとしても、そのことに親が気づくのは難しいですよね。

では、どうすれば子どもがいじめられていることに気づけるのでしょう?

岸田さん:まず、私たちは「何かあっても、子どもは話してくれない」という前提に立つ必要があります。それによって、積極的に子どもを見ようとする意識が働き、子どもに必ず表れる小さな変化に気づきやすくなれるはずです。とはいえ、小学校低学年までなら、特に女の子は学校での出来事を親に話してくれることも少なくないでしょう。働くママの場合、仕事や家事に追われて、子どものためになかなかまとまった時間をさけない人が多いですね。私自身もそのひとり。親が忙しそうにしていると子どもはそれを察し、言いたいことをのみこんでしまいます。そんなときは「あと30分で仕事(家事)が終わるから、そのあとにゆっくり話を聞くね」と、伝えてあげましょう。具体的な時間を提示することで、親が自分に向き合おうとしていることを感じられます。

ちゃんと 編集部

働くママ向けの月刊誌『CHANTO』編集部。仕事、子育て、家事、自分。働くママの暮らしに役立つ情報を掲載中。CHANTO webでは最新号の記事内容を中心に紹介します。

前の記事へ

親子で作れる!ぶどうのおやつ「ブランマンジェ&チーズクリームケーキ」

最新号立ち読み

2018.09.17

親子で作れる!ぶどうのおやつ「ブランマンジェ...

かわいく片づく!ニトリの収納アイテム&活用アイデア

最新号立ち読み

2018.09.17

かわいく片づく!ニトリの収納アイテム&活用...

次の記事へ