ワーママができる新生児赤ちゃんの夜泣き対策

4月の復職が間近に迫り、準備に取りかかっているママも多いのでは。赤ちゃんの夜泣きや寝かしつけに手こずっているようならば、今から改善を図りましょう! 『CHANTO3月号』では、赤ちゃんの夜泣きや子どもの寝かしつけ対策について特集を組んでいるので、その1部をご紹介します。


教えてくれたのは…
清水悦子さん
NPO法人赤ちゃんの眠り研究所代表理事。理学療法士として勤務、出産を機に退職。現在は子どもの睡眠や夜泣きのサポート活動を行っている。


子どもが寝ることを目標にしないほうがうまくいく!
 清水さんによると、寝かしつけとは、子どもが自分の力で自然と眠れるようになるための“しつけ”なのだとか。しかし、多くの母親は、“親が子どもを寝つかせること”だと思い、あの手この手で寝かせようと苦労します。では、子どもがすんなり寝つくためにできることは?
「まずは早起き。人間は起床から14時間後に眠くなるホルモン(メラトニン)が分泌されるので、夜9時までに寝るには朝7時までに起こすよう心がけましょう」
 また、寝かしつけのゴールは、子どもが寝ることではなく、親が行動目標をクリアすることだとか。
「“20時に絵本を読み、20時半にふとんに入る”など、毎日同じ流れで寝かせてあげることが安心感につながり、子どもは自分で眠れるようになっていきます」

【やってはいけない寝かしつけNG行動】

寝かしつけや夜泣き対策として、よかれと思ってやりがちなこんな行動。
実は、逆に赤ちゃんを目覚めさせていたんです!

なかなか泣きやまないのでベランダなど外に連れ出す
a
寝ぐずりをしている赤ちゃんにしがちなこの行動。でも、眠いのにわざわざ抱き上げられて、外気にあてられたら、ますます眠れなくなるのは、自分に置きかえても想像できるはず。泣いていても環境を変えずにようすを見て。

赤ちゃんが泣いたらすぐに抱きかかえる
b
夜中に泣く=おなかをすかせたりオムツが汚れているとは限りません。「寝言泣き」といって、寝ぼけて泣いている場合もあるので、すぐに抱きかかえるのではなくまずは数分間ようすをうかがい、泣きやまないようなら抱っこて。

寝つくまで背中をトントンたたく
e
「もう寝てもいい時間だよ」と教える合図の意味でトントンするのはいいけれど、寝つくまでトントンしていると、〝トントンしないと眠れない子〞になってしまう。眠そうにしてたら赤ちゃんを横にして静かにしているだけでOK。


おっぱいを吸わせながら眠らせる
d
おっぱいを吸いながら寝つく→目覚めたときにおっぱいがなくて不安になる→泣く、という悪循環になってしまう。夜中のひんぱんな授乳は、ママの負担にもなるので、お気に入りのおもちゃやタオルを握らせる方法に切りかえてみて。

なかなか寝ないときにDVDを見せて気分転換させる

c
テレビなどの明るい光や照明が目から入ると、体内時計が乱れて睡眠のリズムが整いにくくなる。寝つきが悪いときは部屋の照明を暗くして絵本を読み聞かせたりして、ゆったり過ごさせよう。

Chanto

前の記事へ

夕食作りがラクになる!時短肉おかず【CHANTO3月号より】

最新号立ち読み

2018.02.06

夕食作りがラクになる!時短肉おかず【CHANTO3月...

ワーママが猫とここちよく暮らすには?【CHANTO3月号より】

最新号立ち読み

2018.02.06

ワーママが猫とここちよく暮らすには?【CHANTO3...

次の記事へ