2015.10.08

【朝ケアの基本は化粧水・乳液】手間をプラスして透明感UP!

あわただしい朝こそ、お手入れに"5分でできるひと手間"をとり入れて。いつもと同じ化粧水・乳液の、潤い感に差がつきます!

湿の基本は水分補給 化粧水の力で透明感もUP!

 1410p94-1-1
保湿の「基本のき」ともいえるのが“化粧水”です。角質層が水分で満たされると、すりガラスのように半透明の質感を保ち、肌全体が明るく見えるそう。 「化粧水使いのポイントは、パパッとつけず、指の腹を肌にフィットさせて押しこむようになじませることです。 仕上げにハンドマスクで肌を包むと、浸透感も高まります」(水井さん) 筋肉の流れを意識しながら押さえるようになじませると、顔まわりの血流が促される効果も。むくみを解消し、スッキリとした顔立ちが手に入ります。 今回のアイテムはこちら! 右から ○ネ’クア 薬用アクネ トーニングローション(しっとり)(医薬部外品)120㎖ 2340円 /フィシコ ○ソフィーナ ボーテ 美白化粧水 しっとり(医薬部外品)140㎖ 2800円(編集部調べ) /花王ソフィーナ ○ザ・タイムR アクア(医薬部外品)200㎖ 4000円 /イプサ ○モイスチュアライジング ローション 200㎖ 5000円 /レ・メルヴェイユーズ ラデュレ(9月5日発売)

【5分でできる美貯金テク1】ハンドマスクで 浸透感をUP!

1410p131d.jpg1410p94-3-1
肌全体に化粧水をなじませたら、手のひらで両頬や額、あごを包むハンドマスクを。肌を温めて血行を促し、浸透感を高める。

【5分でできる美貯金テク2】筋肉の流れにそい やさしくプッシュ

1410p131d.jpg1410p94-2-1
化粧水をなじませるときは、小鼻の脇から耳に向け、手のひら全体を筋肉の流れにそって動かす。むくみがとれてスッキリ。