2019.04.12

忙しい朝に緊急事態は3分で解決!パンパンむくみ顔のスッキリケア方法

131-1

 

朝起きて鏡を見た瞬間に、ひどくむくんだ自分を目にして、思わず悲鳴をあげてしまった経験はありませんか? 

このままメイクをしても、無残な結果に終わるだけ……! しかしアレコレしている余裕はない! こんな状況の中で、朝からため息をついてしまう方も多いのかもしれませんね。

こんなときには、約3分でむくんだ顔をスッキリさせられるケア方法を実践してみて。気持ち良く一日をスタートするために、覚えておきたいテクニックを紹介します。

 

■気になるむくみは3分マッサージで解消しよう!

むくみを素早く解消するためには、マッサージを行うのが効果的です。以下の手順に沿って、むくみケアを実践していきましょう。

1.マッサージクリームを手に取ります
2.指を4本そろえて、左側の鎖骨のくぼみのところに当て、外側から内側にマッサージします
3.両手の人差し指・中指・薬指を揃えたら、口元の左右に揃えておきます
4.花の横から目の下をとおり、耳の前から首をとおるように、ぐるりと一周マッサージします
5.人差し指・中指・薬指を揃えて、もう一度口元の左右に揃えておきます
6.今度は頬の、内側から外側へ向けて、円を描くようにマッサージします
7.上と同じ3本の指を添えたら、眉毛の上をとおるようにして、こめかみから首までマッサージをします
8.中指と薬指で目の周りをぐるりとマッサージして、やはり首へと下ろしていきます
9.最後にもう一度、左側の鎖骨のくぼみをマッサージして完了です

マッサージの前後に左側の鎖骨のくぼみをケアするのは、リンパをスムーズに流すためです。もともとむくみとは、皮膚の下に余計な水分が溜まり、うまく排出できないことで引き起こされる症状です。スムーズに排出させることが、短時間でむくみケアをするためのコツとなります。

むくみが引き起こされる原因は人によってさまざまですが、リンパの流れが悪くなっている可能性も。このような場合には、左側の鎖骨のくぼみをマッサージした際に、何かゴリゴリとした感触の、かたまりのようなものに触れるケースがあります。

無理をせず、優しく押し出すようなイメージでさすることで、リンパの流れをスムーズにできる可能性があります。

 

■タオルを使ったケアもオススメ

マッサージをしている時間がない!という場合には、より手軽にタオルを使ったむくみケアを実践するのもオススメです。まずはタオルを2枚用意しましょう。1枚は水濡れタオルに、そしてもう1枚は電子レンジで温めて、蒸しタオルにしておきます。

まずは顔全体に温かいタオルを広げたら、20秒から30秒ほど待ちます。そしてその後、冷たいタオルへとチェンジします。この作業を数回繰り返してみてください。

顔を短時間で温めたり冷やしたりすることで、血行の促進効果が期待できます。血液の流れがスムーズになれば、やはり皮膚の下に溜まってしまった余分な水分を、スムーズに排出することができるはずです。

この方法であれば、ほんの少しの時間で実践することが可能ですし、何より手軽です。困った朝の緊急対策法として、ぜひ試してみてください。