2019.02.24

体の中からきれいに!美肌につながる食べ物4つ

113-1

きれいな肌を保つには、スキンケアに力を入れるだけでなく、口にする食べ物にも気を遣わなくてはなりません。栄養バランスが偏っていると血行が悪くなり、オイリー肌や乾燥肌を引き起こすなどのトラブルの元になることもあります。

肌荒れやニキビに悩んでいる人は、もしかして普段食べているものに問題があるかもしれませんね。そこでどのような食材を食べれば美肌に効果があるのか、いくつかご紹介します。

■ほうれん草

鉄分が多く含まれるほうれん草は、貧血予防に効果があると知られています。エネルギー栄養価もとても高く、健康効果の期待できる野菜の一つです。

ほうれん草は鉄分だけでなく、豊富なビタミンが含まれているので、美肌を作る効果も期待できます。

肌を健康に保ってくれるビタミンAが豊富ですが、血行を良くしてくれるビタミンE、抗酸化作用のあるビタミンC、皮膚の粘膜を保護するビタミンB群も豊富に含まれています。

食物繊維も豊富なので便秘解消が期待でき、デトックス効果もあります。腸を健康に保つことで肌荒れ防止につながります。

また、ほうれん草にはカリウムが含まれています。カリウムは体外に塩分を排出する作用があるので、むくみ予防にも効果があります。

ほうれん草には他に葉酸や鉄分、ビタミンKなども含まれていますので、美容だけでなく体を健康にしてくれる働きをしてくれます。

■トマト

美肌効果が期待できる野菜といえばトマトです。トマトには美肌に効果があるとされるリコピンが豊富に含まれており、強力な抗酸化作用が期待できます。リコピンは活性酸素を体内から取り除いてくれるので、老化予防や生活習慣病の予防に効果があります。

リコピンはニンジンやブロッコリー、カボチャなどに含まれているβカロチンよりも抗酸化作用が強いので、トマトは美容や健康にとても効果のある野菜とされています。

リコピンはしみやそばかすの原因となる、メラニンを生成するためのチロシナーゼという酵素に対して作用するので、美白効果もあります。

他にもリコピンには脂肪をためないよう作用する効果があるので、トマトはダイエットにも効果があるとされています。水溶性植物繊維も含まれていますので、美肌に効果のある腸内環境を整えてくれる働きもします。

また、トマトには豊富なビタミンCが含まれており、コラーゲン生成を促してくれます。コラーゲンが減少すると肌の弾力やハリがなくなり、毛穴が開いてしまいます。ビタミンCはこうした肌荒れを予防したり、改善することに役立ちます。

トマトには皮膚を健康に保つビタミンHやビタミンB6、免疫力を高めてくれるビタミンPなども含まれており、美肌効果に一役買っています。

トマトをもっとも効果的に摂取するには、加熱調理することです。トマトの細胞膜は加熱すると壊れるので、リコピンがより吸収しやすくなります。

油と一緒に摂取するとより吸収率が上がるので、油で炒めた調理法がオススメです。