2019.04.19

顔のコンプレックスはメイクで卒業!魅力度アップの裏ワザ6つ

129-1

自身の顏に、コンプレックスを抱いている方は決して少なくありません。「もっと○○だったら……」なんて、他人を羨ましく思ってしまうこともありますよね。

こんなとき、ただウジウジと悩み続けるのはオススメできません。女性には「メイク」という強い味方がありますから、自身のコンプレックス解消のために活用しちゃいましょう!

今回は、女性がコンプレックスを抱きがちな顔の悩みをカバーするためのポイントを紹介します。ぜひ参考にしてみてくださいね。

■目が小さい

小さな目をできる限り大きく見せるためのポイントは、意外と簡単。目の縦と横を、それぞれ広げるイメージでメイクをすればOKです。

黒のアイライナーとマスカラを用意したら、まずは縦幅を広げるところからスタートしましょう。通常アイラインは、目頭から引くものですが、これを「黒目の上部分だけ」に変更します。こうすることで、黒目を縦に大きく見せる効果が期待できます。

横に広げて見せるためには、目尻に少しだけ長めにラインを引くのがオススメです。マスカラも目尻側のまつ毛にたっぷりと塗ることで、ボリュームアップを図りましょう。自然と目線が目尻側へと向かうことで、横幅が広がったように感じられます。

目の縦と横をそれぞれ広げて見せることで、目の印象を大きくすることができます。

■離れ目

左右の目の位置が離れている人は、近づけて見せるためのメイク術を実践しましょう。美人とされる黄金比率は、目と目の間が1:1とされていますから、これよりも離れている場合は、こちらのテクニックを活用するのがオススメです。

まずはアイライナーですが、目頭の方に少し長めに入れてください。そして目頭の方に濃いアイシャドウを入れ、目尻側に近付くと共に薄くなるよう調整します。全体をぼかして整えたら、目頭にハイライトを入れます。

眉毛を描くときにも、眉尻を少し短めにすると、目が近付いたように見せることができます。これらのテクニックを使って、目を中心へと寄せていきましょう。

■地味顔

地味顔を華やかに見せるためのポイントは「立体感」です。まずはマスカラをたっぷりと使って、目元の印象を華やかに仕上げることを意識してみてください。下まつ毛にもマスカラをしっかりと塗ることで、立体感を演出できます。

その上で、シェーディングやハイライトで、顔の中央を印象付けるようなメイクを心掛けましょう。目と目の間にハイライトをぽんぽんと入れるだけでも、顔全体を華やかに見せられますよ。