2019.04.18

働くママ向け!アイメイク術をマスターして理想の雰囲気を手に入れよう

128-1

働くママにとって、きちんとしたメイク術は、必ず身につけておきたいスキルの一つと言えるでしょう。きちんと身だしなみを整えることは、もちろん大切! また女性のメイクは、「自分の印象コントロール」にもつながる非常に有効な手段です。

メイクの中でも、特に「難しい!」と感じる方が多いのが、アイメイクです。働くママにとって役立つアイメイク術には、いったいどのようなものがあるのでしょうか。働くママが求める雰囲気別に、5つのアイメイク術を紹介していきます。

■ママならではの優しい雰囲気を演出しよう!

働くママにとって、武器となるのが「ママならではの優しげな雰囲気」です。周囲をほんわかさせる効果も期待できますし、「この人になら相談しやすい!」なんて思ってもらうことにもつながりそうですね。

アイメイクで優しげな雰囲気を作るためのコツは、以下のとおりです。

・アイラインは、ブラウンのアイシャドウで代用
・アイホールには、ベージュピンク一色
・マスカラは、「根元からしっかり」よりも「毛先のみにあっさり」

優しい雰囲気を求めるのであれば、まず卒業したいのがリキッドアイライナーです。くっきりハッキリとしたアイライナーを入れる際には、リキッドタイプは強い味方になってくれます。しかし一方で、非常に力強い印象へと近付いてしまいがちです。

ここで活躍してくれるのが、ダークブラウン系のアイシャドウです。目の際に優しく引いて広げることで、ナチュラルで優しそうな印象に仕上がるでしょう。

またアイホールも、それほどこだわる必要はありません。肌馴染みが良く、程よく存在感のあるアイシャドウ単色で仕上げれば、より一層ナチュラルな雰囲気へと近づけるでしょう。

■クールで知的!仕事がデキるママを目指そう

ママであっても、職場でバリバリ働きたい! そのためにはメイクでも、「仕事がデキる」雰囲気を演出したい!

このような思いを抱いている方は、メイクでも、あえて力強さを出した方が良い結果につながる可能性が高まるでしょう。オフィスでも好印象な、デキるメイクを目指してみてください。

ポイントは以下のとおりです。

・アイラインはブラウン系のリキッドアイライナー
・アイシャドウはブラウン系を中心に、立体的なグラデーション仕上げで
・黒のマスカラで、目元を強調

仕事がデキる印象に仕上げたいときのコツは、「意志」を感じさせる目元です。メイクで程よく強調することで、すてきな女性に近づけるでしょう。

リキッドアイライナーを使うときには、ブラウン系を選びましょう。ブラックよりも強くないので、ナチュラルさも程よく演出できます。細く、まつ毛の間を埋めるようにして引いてください。

働くママは、360度どこからチェックされているかわからないもの。目元のアイシャドウを立体的に仕上げることで、どんな角度からチェックされても魅力的な自分を演出することができます。グラデーション仕上げが苦手な方は、「パレットにそのままカラーが配置されていて、見た通りに塗るだけ」といった商品を選択するのがオススメです。