2018.10.25

30代でもヤバい!?健康寿命を短くする「ロコモ」の危険性

20181025_stretch_01超高齢化社会を迎えた日本では、運動機能の低下によって日常生活に支援や介護が必要な人が増加しています。平均寿命が約80歳といわれる中で将来も健康的に過ごしていくため、若いうちはどんなことを心掛けるべきでしょうか。

 

30代から注意が必要? 健康寿命を短くする「ロコモ」の危険性


今年の10月に放送された『ソレダメ! ~あなたの常識は非常識!?~』(テレビ東京系)には、「光伸メディカルクリニック」の院長・中村光伸先生が登場。近頃問題になっている「ロコモティブシンドローム(ロコモ)」の対処法を教えてくれました。

 

ロコモティブシンドロームとは、筋肉や関節などが衰えて日常の移動に支障をきたしてしまう状態。高齢者に多い症状ですが、実は30代後半から起こる可能性もあるのだとか。そこで中村先生は、1日1回こなすだけで足腰を強化できる3つの“ロコモ体操”を提案しています。

 

早速「バランススクワット」のやり方から見ていきましょう。まずは足を肩幅に開き、腕を90度まで上げます。この時、背すじに力を入れて肩甲骨を寄せるように腕を引くのがポイント。その姿勢をキープしながらスクワットをします。たった1回だけ行えばいいので、例えばシャワーを浴びた後やソファから立ち上がる時など普段の行動サイクルに組み込むのがおすすめですよ。

 

牧野聡子

ライターとしてメディアで執筆を行う。家庭ではゲーマーお母さんとして子どもと毎日バトル中。また、生活にかかわる最新情報に目がない。知らないことがあるととことん調べるため、パソコンとゲームを往復する生活を満喫中。視力が年々悪くなっている。